カーヴィーフィットの嘘?良い評判は全部ステマなのか?

カーヴィフィットで痩せない人とは?

「カーヴィーフィットを着ても痩せない。効果がなかった。」
「あんなの全く効果なし!買うだけ無駄。」

 

否定的な意見は、カーヴィーフィットに限らずどんな商品にもつきまとうものです。
100人いたら100人とも同じ意見にはならないですもんね。
中には効果を感じることができなかった人もいるでしょう。

 

ですがちょっと待って下さい。

 

「着ても痩せない。」と言っている人の意見には、少し疑問もあります。

 

痩せないと感じている人の中には、カーヴィーフィットさえ着ていれば大丈夫と考えている人もいます。
安心感からかドカ食いしたり、全く運動しなくなったりと、かえって生活習慣が乱れてしまう場合もあるようです。
そもそも着るだけで痩せられるとか、ホントにあったら危険だと思いませんか。
カーヴィーフィットを着てるからといって全てを任せるのではなく、生活習慣やバランスの良い食事を心掛けることも大事ですよ。
食事に気をつけ、適度な運動をすることで、より良い相乗効果があらわれます。

 

 

また、もう一つの痩せない理由に、カーヴィーフィットのサイズが体に合っていないという人もいました。
あまり調べずに購入してしまい、実際サイズが合っておらず、「失敗した。」と感じている人がいるようです。

 

 

カーヴィーフィットにはMサイズとLサイズの2種類があります。
サイズの寸法は以下になります。

 

・Mサイズ
バスト(79〜94cm)
ウエスト(60cm〜77cm)
・Lサイズ
バスト(86cm〜101cm)
ウエスト(68cm〜85cm)

 

多くの女性の体にフィットするよう伸縮性のある生地なので、失敗は少ないかと思います。
しかし、締め付ければ締め付けるほどいいと考える人もいて、本来ならLサイズが合っているのに、Mサイズを購入する人がいるようです。
そういった人は、実際に着てみると「きつくて苦しい」と着なくなってしまうんですね。

「着るだけで簡単。すぐに痩せたい。」

「締め付けが強いほうが効果がすぐにありそう」

「きつくてしんどい。続けられない・・」

「着たけど痩せられない。効果ない。」

こんな悪循環になっている人が結構いるみたいです。

 

自分にはどちらがあっているのかどうしてもわからない場合は、ウエストのサイズに合わせるのがポイントです。
カーヴィーフィットは、ウエストに集中して圧がかかるよう設計されています。
バストで合わせて選ぶと、お腹がきつく感じてしまうことがあるので、迷った時はウエストを基準にしましょう。

 

MサイズもLサイズも伸縮性が高く引き伸ばせますが、初めて補正下着にチャレンジする方は、最初はきついと感じることもあります。

 

苦しく感じるときは外して休んでみましょう。
で、徐々に着用時間を伸ばしていくことがおすすめです。
慣れてしまえば、「つけてないと落ち着かない!」というくらいカーヴィーフィットにはまってしまいますよ。

 

→カーヴィーフィット公式サイトはコチラ